スポンサーリンク

個性心理學とは・・・

1997年4月に個性心理學研究所 弦本將裕所長が世界で初めて

人間の個性を12匹の動物キャラクターに当てはめ、

更に60分類キャラクターに細分化させることで、

誰にでもわかるイメージ心理学として体系化し、世に発表した学問です。

 

個性心理學は、中国に古くから伝わる「四柱推命」、

密教の経典のひとつである人間関係の秘法「宿曜経」に基づき、

それらに社会心理学的解釈を加えて、全く新しい学問として体系化しました。

そして、宇宙、自然、人間の成長を長年にわたって観察し、

そこから一定の法則による「統計学」として、

またキャラクターイメージという斬新で独自の発想によって、

シンプルで分かりやすい実学となっています。

 

人種や国籍が違っても生年月日さえ分かれば、

動物キャラクターに置き換えるだけで、その人の個性もわかります。

個性心理學はまさしく「人間図鑑」であり、個人の「取扱説明書」でもあります。

現在では広く海外でも親しまれています。

多様化する現代において、個性心理學によって皆がお互いの個性を認め合う

世の中になる事、そして真のストレスのない社会づくりに

貢献できることを目指しています。